天赦日にしてはいけないこと2022。暦の中段や風水の日取りの吉凶も

天赦日とは何ですか?

天赦日

 

日本の暦に掲載される一日ごとのお日柄の吉凶占いで、最上の大吉日と解説されることが多いのが「天赦日」です。

 

百神が天に昇り、天が万物を赦(ゆる)日なので、今まで迷っていて挑戦できなかったことに挑戦したり、何事を始めるにも良く、何の障害も起こらない日とされています。

 

とは言え、そこまで縁起のいい日だと言われると…

 

「そもそも、なんで、天赦日は、最高の吉日なのか」

 

とか、

 

「天赦日は、どういう決め方をしてるのか」

 

とか、

 

「天赦日にしてはいけないことはあるのか」

 

などなどが、気になってしまうのも、よくあることですよね。

 

そこで、ここでは、天赦日について深堀りしてまとめています。

 

まずは、天赦日に、一般的に言われている「するといいこと」について知りたい方は、以下をどうぞ。

 

 

天赦日の決め方や、そもそも、なぜ、天赦日は吉日だと言われるのか、その理由について知りたい方は、こちらです。

 

 

 

また、今年の具体的な天赦日について、他の占いも含め、

 

  • 本当にいい日なのかどうか
  • してはいけないことはないのかどうか

 

などを知りたい方は、以下の項目にまとめてありますので、こちらをご参照下さい。

 

今年の天赦日は、以下の6日です。

 

 

天赦日の読み方は「てんしゃび」または「てんしゃにち」です。

 

 

 

 

天赦日にするといいこと

天赦日は、最上級の吉日なので、何をするにも良い日なのですが、その中でも、特に「するといい」と一般的に言われているのは、以下のような事柄です。

 

  • 結納・入籍・結婚する
  • 新規開店・開業をする
  • 財布を買う・使い始める
  • 宝くじの購入する
  • 出生届けを提出する
  • 引っ越しする
  • 神社にお参りする

 

逆に、天赦日に「してはいけないこと」としては、一般的には、犯罪や浮気、大金をかけてのギャンブルなどが挙げられることがあります。

 

いくら天赦日が「万物を赦(ゆる)す日」だと言っても、どんなことでも許されるわけはなく、やっぱり、限度はある…というわけですね。

 

ただし、一般的に言われている「天赦日にしてはいけないこと」は、別に天赦日じゃなくても、どちらかと言えば、しない方がいいような事柄ばかりです。

 

2022年中の具体的な天赦日について、ほかの吉日占いも含め、

 

  • 本当に良い日なのかどうか
  • してはいけないことはないのかどうか

 

などについては、以下でまとめてありますので、より突っ込んで調べたい方は、こちらをご参照下さい。

 

 

天赦日の決め方

天赦日は、節切りと、十干と十二支の組み合わせによって決まります。

 

節切りとは、「立春から、立夏の前までを春」とするような季節の区切り方を言います。

 

一年を節切りで区切った上、十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)の組み合わせ、つまり、干支(えと)が以下のようになった時に「天赦日」になります。

 

春(立春〜立夏前日)戊寅の日
夏(立夏〜立秋前日)甲午の日
秋(立秋〜立冬前日)戊申の日
冬(立冬〜立春前日)甲子の日

 

十干と十二支の組み合わせは、全部で60通りです。

 

1年は、365日あるので、365を60で割れば、天赦日は、年間6日くらいになることがわかります。

 

例えば、2022年の天赦日は、以下の通りです。

 

  • 1月11日(火)冬の甲子の日
  • 3月26日(土)春の戊寅の日
  • 6月10日(金)夏の甲午の日
  • 8月23日(火)秋の戊申の日
  • 10月22日(土)秋の戊申の日
  • 11月7日(月)冬の甲子の日

 

なぜ天赦日は縁起が良いの?

では、なぜ、天赦日は、最高に縁起が良いと言われるのでしょうか。

 

その理由について、天赦日の由来から考えてみましょう。

 

そもそも、天赦日など、60種類の干支(えと)を使った吉凶占いは、陰陽五行説に基づいています。

 

陰陽五行説は、万物は、相反する陰と陽に分けられ、さらに細かく言えば、木・火・土・金・水の5要素(五行)で構成されている、と考える思想です。

 

木・火・土・金・水は、5つ並べて、木火土金水(もっかどごんすい)と読まれることもあります。

 

そして、この五行の相互間には、以下のような相生(そうじょう)と、相剋(そうこく)と、比和(ひわ)の関係があります。

 

五行の相生と相剋の関係

 

上記のように、相生は、一方が一方を生むような関係で、相剋は、一方が一方に打ち勝つような関係です。

 

そして、最後の比和は、同じ気が重なり、その気が、ますます盛んになるような関係です。

 

五行の相生と相剋の関係

 

「ますます盛んになる」と言っても、良い場合は、さらに良くなり、悪い場合は、さらに悪くなります。

 

さて、干支による吉凶占いでは、60種類の干支が、各日にちに割り当てられており、さらに、それぞれの干支は、五行へも配当されているので、その関係性を見ながら、吉凶を読み解いていきます。

 

この中で、天赦日は、相生(そうじょう)と、相剋(そうこく)の関係の中庸を得るような日取りです。

 

中庸は、ちょうど真ん中で、どちらにも偏っていないような状態を言います。

 

どこにも偏りのない中庸の日なので、天赦日には、何の障害も起こらない、というわけです。

 

天赦日は「百神が天に昇り、全てをゆるす日」と説明されることがよくありますが、別の見方をすると、どこにも偏っていないバランスの取れた日であることを、物語風に説明しているとも言えます。

 

天赦日と一粒万倍日が重なることもある

天赦日は、何かを始めるのに良いと言われる選日の「一粒万倍日」と重なることもあります。

 

一粒万倍日は、天赦日のような吉日と重なれば、その効果が増す、と言われているので、天赦日と一粒万倍日が重なるような日は、最強の開運日となります。

 

このような最強開運日は、芸能界でもよく活用され、最近では、以下のような芸能人が、デビューや結婚の日に、天赦日と一粒万倍日が重なる日を選んでいます。

 

  • ジャニーズWESTデビュー日
  • 河北麻友子さん結婚発表日
  • 夏菜さん入籍日
  • フジテレビ三上真奈アナ入籍日
  • ジャンブルポケットおたけさん入籍日

 

天赦日は仏滅と重なることもある

最上の吉日の天赦日が、六曜の凶日の仏滅と重なることもあります。

 

お日柄の吉凶占いでは、日本で最も有名な六曜ですが、万事大凶と言われる仏滅が、ほかの占いの吉日と重なることは、けっこうあります

 

六曜の吉凶判断が、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の6種類しかなく、しかも、それが、ほぼ順番に繰り返されるからです。

 

仏滅と大安は、多くの人が知っていて、その日の吉凶判断が簡単できる、というメリットはあるものの、六曜の歴史的背景には、不明な部分も多く、信憑性にかけるため、伝統風水では、吉日と仏滅が重なったとしても、特に、気にしないことが多いようです。

天赦日にしてはいけないこと

天赦日は、最上の吉日なので、してはいけないことは、ほとんどないのですが、暦をさらに詳しく見ていくと、別の項目では凶日となっている場合もあります。

 

これは、占い方が変われば、同じ日でも、凶日になることがあるためです。

 

そこで、ここでは、2022年中のそれぞれの天赦日についての吉凶を、暦中段の十二直や、占星術に基づく二十八宿を含め、まとめてみました。

 

各天赦日の「してはいけないこと」については、風水で擇日(たくじつ)と呼ばれる「日取りの仕方」を使って、1日ごとの吉凶をまとめた「通書」からピックアップしています。

 

通書

 

通書は、中国、台湾、香港で、ロングセラーになっている日選びのための百科事典のような書籍です。

 

ただし、ほかの占いまで、詳細に見ていくと、「全ての占いにおいて、吉日となる日」というのは、ほとんどありません

 

なので、「日の吉凶を細かく知ってしまうと、それが気になり、かえって混乱する」という方には、おすすめできません。

 

あくまで、自分が活用しようと思っている天赦日が、ほかの占いでは、どういう日になっているのかを、知りたい方だけ、以下をご覧下さい。

 

1月11日(火)天赦日 一粒万倍日 甲子の日

2022年1月11日の天赦日は、一粒万倍日や甲子の日と重なるトリプル開運日です。

 

甲子の日は、60日周期の「十干十二支」の最初の日で、縁起の良い吉日とされています。

 

また、金運や財運、商売繁盛のご利益がある七福神のお一人、大黒天のご縁日でもあります。

 

ただし、暦中段の十二直では「閉」(とづ)になっているので、動きが止まり、あまり良い日ではありません。

 

二十八宿でみてみると、種まき、出行などには吉ですが「この日の結婚は離婚に至る」とされる「翼」(よく)です。

 

通書では、凶神に、血支(けつし)、血忌(けつぎ)が出ているので、鍼灸、耳鼻科、眼科に行くこと、耳掃除などが、してはいけないことになっています。

 

3月26日(土)天赦日 一粒万倍日 寅の日 三隣亡

2022年3月26日の天赦日も、一粒万倍日に加え、さらに、寅の日までも重なるトリプル開運日です。

 

ただ、凶日では、建築関係には縁起が悪いとされる三隣亡が重なっています。

 

3月26日の十二直は、1月11日と同じ「閉」(とづ)なので、あまり、いい日ではありませんが、二十八宿でみてみると、就職、婚礼には吉の「胃」(い)になっています。

 

通書でみてみると、凶神に、血支(けつし)のほかに、遊禍(ゆうか)も出ているので、耳鼻科、眼科をはじめ、医者に行ったり、薬を決めたりするには、いい日ではありせん。

 

特に、医者に行かない方がいいとされる遊禍(ゆうか)は、天赦と重なると、その効果が強くなる、という凶神です。

 

6月10日(金)天赦日 一粒万倍日 仏滅

2022年6月10日の天赦日は、六曜の仏滅とは重なっているものの、一粒万倍日とも重なるダブル開運日です。

 

十二直は、柱立て、棟上げ、新事業開始、結婚、旅行などには吉の「建」(たつ)で、二十八宿も、正午の時間帯を除き、すべて大吉の「牛」(ぎゅう)になっています。

 

ただし、通書では、必ず避けるべき凶神の月建(げっけん)と重なっています。

 

月建は、天赦と重なると、多少の凶は、解除されるので、あまり、気にすることはないかもしれませんが、神社にお参りに行ったり、部屋を掃除したり、建物をリフォームしたりするのは、あまり、おすすめではありません。

 

また、月厭大禍(げつえんだいか)の凶神も出ているので、通書からみると、旅行や遠出、引っ越し、結婚関係にも、おすすめの日ではありません。

 

8月23日(火)天赦日

2022年8月23日の天赦日の六曜は「友引」ですが、一般的な吉日、凶日との重なりはありません。

 

十二直は、6月10日と同じく、柱立て、棟上げ、新事業開始、結婚、旅行などには吉の「建」(たつ)で、

 

二十八宿は、種まき、出行などには吉ですが「この日の結婚は離婚に至る」とされる「翼」(よく)になっています。

 

通書では、6月10日と同じ、必ず避けるべき凶神の月建(げっけん)が出ています。

 

天赦と重なる月建は、多少の凶は、解除されるとは言うものの、6月10日と同じく、神社にお参りに行ったり、部屋を掃除したり、建物をリフォームしたりするのは要注意です。

 

10月22日(土)天赦日 大安

2022年10月22日の天赦日は、六曜の大安と重なるダブル開運日になっています。

 

十二直は、建築、移転、婚礼、開店などに全て吉の「開」(ひらく)で、二十八宿は、婚礼、開店、新規事業の開始に良いとされる「氏」(てい)になっています。

 

通書では、厭対(えんたい)や、五離(ごり)の凶神が出ているので、旅行、遠出、帰省、引っ越し、友だちと会う、結婚などが、してはいけないことになっています。

 

11月7日(月)天赦日 大安 甲子の日

2022年11月7日の天赦日は、六曜の大安に加え、大黒様とのご縁日の「甲子の日」とも重なるトリプル開運日です。

 

十二直は、種まき、医者にかかり薬を飲むことなどが吉の「除」(のぞく)で、二十八宿は、神事、祭礼、不動産取得などが吉の「畢」(ひつ)になっています。

 

ただし、「除」も、「畢」も、婚礼関係だけは凶です。

 

通書をみてみても、結婚式の吉日としてはふさわしくない凶神の感池(かんち)が出ているので、結婚関係は、あまりおすすめの日ではありません。