風水財布で高くじを当てよう!

「宝くじ当たりました!」と報告のある開運財布は、何色が多い?

今年のドリームジャンボ宝くじは、1等前後賞合わせて5億円ですね〜。

 

さらに、2021年春のドリームジャンボ宝くじは、1等賞金3,000万、前後賞、各1,000万、1等+前後賞で、合計5,000万円が当たるドリームジャンボミニも発売されています。

 

宝くじの購入場所は、自分の家から見て南か西の方角にある売り場がいいとか…。

 

宝くじを買う日は、新月の日か、満月の日がいいとか…。

 

宝くじを買ったら、黄色い布に包んで、保管場所は、めったに開けない引き出しなどの暗い場所がいいとか…。

 

風水で、宝くじを当てる方法も、いろいろとありますが、ここで紹介するのは…

 

開運財布を買って、実際に宝くじに当たった人は、何色の財布を買った人が多いのか?

 

…っていう話です。

 

 

 

宝くじに当たった人は、何色の財布が多いのか?

日本製の開運財布を取り扱う「財布屋」さんでは、宝くじの高額当選者からの報告も届いています。

 

それによると、最高金額は、2013年のグリーンジャンボ宝くじで、当選金額は1等前後賞の1億円。

 

この方が使っていたのは、金色の唐草模様の長財布とのことです。

 

世界一使いやすい財布

 

また、3,000万円の宝くじに当たった人が使っていたのは、白蛇のシンプルな札入れ。

 

白蛇シンプルイズベスト束入れ

 

そして、年末ジャンボ宝くじ2等100万円に当たった人が使っていたのも、やっぱり白蛇の多機能長財布だったそうです。

 

白蛇多機能長財布

 

金色や緑の財布もありますが、全体的には、白い財布を使っていた人が多いようです。

 

白は、浄化する力があるので、今までの悪運を振り払ってくれて「リセットした」みたいな感じになるからでしょうか。

 

ナンバース、ミニロトなどの宝くじ系だけじゃなく「ギャンブルが当たった」などの開運情報も、圧倒的に白い財布を買った方からの報告が多いのだとのこと。

 

ただし、宝くじで一番の高額当選をした人が使っていたのは、金色の財布です。

 

風水でも、金色(ゴールド)は、最も強い「金の気」を持つ色だと言われているので、やはり、お金とは相性がいいようです。

 

宝くじの当選情報は、実物の証拠写真付きで、財布屋さんのサイトに掲載されているので、気になる人は、チェックしてみて下さいね。

 

 

当たる確率の高い売り場で宝くじを買いたい人は、以下もお見逃しなく!

 

10億当たったらどうしますか?

 

平成〜令和の億万長者は503人「西銀座チャンスセンター」

西新宿チャンスセンター

 

コロナ禍ということもあって、最近では、当選確率の高い宝くじ売り場に行って、並んで買うのも、なかなか、難しい世の中になって来ましたよね。

 

そんな時に、便利なのが、宝くじ売り場としては、日本で最も有名な「西銀座チャンスセンター」から、宝くじを代わりに購入してくれるサービスです。

 

 

購入は大安吉日で、しかも、宝くじを買う窓口番号も指定できます。

 

最低購入枚数は、10枚からで、特連、縦バラ、特バラなど、ある程度、特殊な買い方にも対応しています。