財布への満月と新月の効果の違い。ふりふり振るのは曇りでもいいの?

財布への満月と新月の効果の違い

満月と新月の効果の違い

 

満月の時に、外に出て、財布を振ると、臨時収入が入ったり、金運が良くなる、という話はよく聞きますが、新月の時は、どうなのでしょうか。

 

ここでは、財布への満月と新月の効果の違いや、財布をフリフリする時のやり方 を整理してまとめました。

 

 

曇りや雨の時はどうなのか、とか、財布をフリフリする時間 についての話題もありますので、月のパワーを活かして金運を良くしたい方は、参考にしてみて下さいね。

 

2021年の満月や新月の日にちと時間がわかる一覧表もあります。

 

 

満月と新月の時期にパワーがあると言われる理由

月は、太陽の光を反射して明るく見えているわけですが、地球からの見え方で言うと、

 

光が見えなくなってしまう新月から始まり、徐々に円に近づいていき、満月で完全に丸いお月さまになって見えます。

 

満月と新月は、全く反対のようにも見えますが、どちらも、引力の影響が強い時期ということで共通しています。

 

満月と新月 地球と月と太陽の位置関係

 

並び順は違うものの、新月も満月も、地球と月と太陽が一直線上に並ぶので、引っ張る力が強くなるからです。

 

この引っ張る力は、海にも影響を与えるほどで、満月と新月の時期には、海面が高くなる「大潮」が発生します。

 

もともと、月の光が神秘的なのに加えて、海面の高さを大きく変えてしまうほどのパワーを持った時期なので、

 

四柱推命や風水、それをもとにした「おまじない」などなど…いろいろな方面から運気を良くするための開運アクションが産まれ、事あるごとに話題になっています。

 

満月の財布への効果

満月は、新月から吸収し、成長を続けてきたエネルギーが最高潮に達する時です。

 

 

エネルギーが満タンになっている時期なので、そのエネルギーを分けてもらうための「おなじない」や、開運アクションが登場して来ています。

 

満月に向かって財布を振るおまじない

 

満月

 

金運をアップするために、満月に向かって財布を振るおまじないは、平成20年代に流行しました。

 

一般社団法人「タロットリーダー協会」の代表理事を務める「みさき のゑ」さんが主宰する「満月お財布フリフリーゼの会」が結成され、全国各地で、満月に財布を振るイベントも開催されたりしていました。

 

最近では、博多の人気占い師、木下レオンさんが、満月に向かって財布を振る開運アクションをテレビで紹介して話題になっています。

 

満月お財布フリフリのやり方

満月のパワーをもらって、さらに、お金を増やすためにする「おまじない」なので、まずは、レシートや、クレジットカードなど、お金を消費することに関係するものは全部取り出します

 

現金やキャッシュカードなど、お金そのものと考えられるものは、財布に入れておいても大丈夫です。

 

「満月お財布フリフリーゼの会」では、貯金したい通帳があれば、通帳も手に持って降ったりしています。

 

準備が出来たら、外に出て、満月に向かって財布をフリフリします。

 

一緒にお願い事をするなら、すでに、叶ってしまったように、過去形で、お礼を言うのがいいとされています。

 

例)臨時収入が欲しい場合

 

「10万円の臨時収入がありました。ありがとうございます。」

 

どれぐらいの時間、満月に向かって財布を振るのかは、とくに、決まりがあるわけではありませんが、振るのに疲れてしまって、ネガティブなイメージが浮かぶほど、長時間降っているのは、逆効果になります。

 

  • お月さまに感謝を捧げながら1分
  • 財布を右手、左手に持ち替えて3分
  • 財布をまんべんなく月に向けながら5分

 

などなど…フリフリを持続できる時間は、人それぞれだと思いますが「気持ちよくパワーチャージ出来た」と思えるくらいの時間内にしておくのがおすすめです。

 

財布の浄化を重視するなら、財布の中身は空にする

今あるお金を増やしたい、と言うよりも、使っている財布自体を浄化して、満月のパワーを受け取りたい、ということなら、財布の中身を空にして、フリフリするやり方もあります。

 

現金やキャッシュカードを含め、いったん、全て財布から出すことで、財布そのものに、満月のパワーをチャージできます。

 

満月の財布フリフリは曇りや雨でもいいの?

「満月お財布フリフリーゼの会」のやり方をはじめ、一般的な「満月財布フリフリのおまじない」では、満月が見えない曇りや雨の日でも、財布を振るのはOKとされています。

 

見えないけれど、雲の向こうには、満月があるので、それをイメージして財布を降れば、満月パワーは届く…というわけです。

 

財布の月光浴で金運をアップするやり方もある

「財布フリフリのおなじない」では、月の光は必要ありませんが、Dr.コパさんが提唱する「財布の月光浴」をはじめ、満月の光を財布にあてることで、金運を上げるやり方もあります。

 

こちらの場合は、月の光はあったほう良く、満月に向かって財布を振る…というよりも、月の光に財布をかざす、という感じで、月光浴をさせます。

 

財布の月光浴の場合は、現金やキャッシュカードを含め、財布の中身は全部外に出してから行います。

 

財布をふりふりする時間

一般的な「財布フリフリのおまじない」では、財布を振るのは、満月の前後24時間以内とされています。

 

満月の前、24時間、満月の後、24時間なので、トータル48時間です。

 

以下に、2021年の満月の日付と時間をまとめました。

 

満月になる時間2021

月の周期は、29.5日なので、ほぼ月に1回、満月の日があります。

 

以下の表の左側が、各月の満月になる日付と時間です。

 

また、西洋占星術を知っている方は、月の力が無効になってしまうボイドタイムが気になる方もいらっしゃるかと思います。

 

なので、表の右側には、満月の前後で、ボイドタイムになる時間帯も入れましたので、ご活用下さい。

 

満月の日時 ボイドタイム
1月29日(金) 4:17
しし座の満月
1月28日
2時54分〜11時53分
2月27日(土) 17:18
おとめ座の満月
2月26日 20時31分〜
2月27日 2時7分
3月29日(月) 3:49
てんびん座の満月
3月28日
8時47分〜14時22分
4月27日(火) 12:32
さそり座の満月
4月26日 21時39分〜
4月27日 1時18分
5月26日(水) 20:15
いて座の満月
5月26日
6時19分〜11時39分
6月25日(金) 3:40
やぎ座の満月
6月24日
11時8分〜22時4分
7月24日(土) 11:37
みずがめ座の満月
7月24日
1時34分〜9時12分
8月22日(日) 21:03
みずがめ座の満月
8月22日
21時1分〜21時42分
9月21日(火) 8:55
うお座の満月
9月21日
8時54分〜12時12分
10月20日(水) 23:57
おひつじ座の満月
10月20日 23時56分〜
10月21日 4時58分
11月19日(金) 17:58
おうし座の満月
11月19日
17時57分〜23時32分
12月19日(日) 13:36
ふたご座の満月
12月19日
15時1分〜18時41分

 

新月には財布を使い始める

満月に溜まったエネルギーを、徐々に排出、浄化していって、新月には、これから、新たに溜めていくパワーが最高潮になります。

 

 

なので、新月は、新しい財布を購入したり、買って寝かせておいた財布を使い始めたりするのに向いています。

 

なお、新月を迎えるまでは、まだ、月が欠けていってる段階です。

 

満月に向かっていく成長エネルギーだけ取り込むには、例えば、財布を使い始めるにしても、新月を過ぎてから、行動を起こすのがおすすです。

 

新月だと、月の光は見えませんが、新月の成長エネルギーを取り込むため、新月になったら、財布を月光浴させるやり方もあります。

 

新月になる時間2021

2021年に、月が新月になる時間と日時です。

 

月の効力が無効になってしまうボイドタイムの時間帯も、右の欄に記載しましたので、財布を新調したり、使い始めたりする時に、ご活用下さい。

 

新月の日時 ボイドタイム
1月13日(水) 14:01
やぎ座の新月
1月13日 16時21分〜
1月14日 1時43分
2月12日(金) 4:06
みずがめ座の新月
2月12日
4時5分〜16時23分
3月13日(土) 19:22
うお座の新月
3月14日
1時37分〜8時43分
4月12日(月) 11:31
おひつじ座の新月
4月12日 21時6分〜
4月13日 2時43分
5月12日(水) 4:00
おうし座の新月
5月12日
21時23分〜21時42分
6月10日(木) 19:53
ふたご座の新月
6月11日
2時37分〜16時22分
7月10日(土) 10:17
かに座の新月
7月11日
1時9分〜9時20分
8月8日(日) 22:51
しし座の新月
8月9日
21時22分〜23時55分
9月7日(火) 9:52
おとめ座の新月
9月8日
4時23分〜12時20分
10月6日(水) 20:06
てんびん座の新月
10月7日
14時2分〜23時21分
11月5日(金) 6:15
さそり座の新月
11月6日
1時9分〜9時52分
12月4日(土) 16:44
いて座の新月
12月5日
14時7分〜20時30分